過去の定期総会

第21回常陽会総会


 〜平成28年6月26日(日)、午後1時より東京医療福祉専門学校において第21回常陽会総会が開催されました。〜

 梅雨にも拘らず晴天のもと、例年のように常陽会総会が開催されました。

▲暑い中、多くの会員が参加してくれました


 事務局長の殿村康一さんの司会進行により、まず初めに副会長大内晃一さんが開会宣言をし、続いて会長の田島康司さんより常陽会の活動の説明、今後の抱負などのご挨拶がありました。

▲会長による挨拶


 続いて、渡邊賢二理事長、芳野校長のご挨拶をいただく予定でしたが、所用のため、理事長、校長はご欠席されました。

 議事に入るにあたり、議長に殿村康一さんが、就任されました。

▲議長団


 議事は、第1号議案「平成27度活動報告」を学術部長の吉田和大さんが報告し、その中で常陽会の会員数が 1,845名で、内訳は卒業生会員 1,648名、学生会員 197名とも報告されました。

▲各部長から会の活動の報告がありました


 第2号議案「平成27年度決算報告」を会計の西沢由美子さんが、そして第3号議案「平成27年度会計監査報告」を監査の吉田和大さんが報告されました。

▲会計報告


 以上3議案について一括審議を行い、承認されました。

 次に4号議案、役員改選について会則に伴い、立候補を募ましたが、手が上がらなかったので、現役員の再任が承認されました。

 再任された、田島庸司さんより今後の抱負などのご挨拶がありました。

 次に5号議案「平成28年度活動計画案」を文化部長の橋元壮太さんが説明され、承認されました。

 続いて第6号議案「平成28年度予算案」を会計の西沢由美子さんが説明され、原案の通り承認されました。

 以上で議事を終了し、大内晃一さんの閉会宣言で閉会しました。

 第2部として午後2時より学術講習会が開催されました。

 昨年に引き続き、東京医療福祉専門学校講師の佐々木公一先生に「あ・マ・指以外の手技療法 〜オステオパシーを中心に〜」と題して今年も講演をしていただきました。会場が満席になるほどの多数の会員が出席され、佐々木先生の独特の話術での講義を拝聴し、実技を拝見し、また会員が2人一組で手技を体験するなど有意義な講習会でした。

 以上

第20回常陽会総会


 〜平成27年6月28日(日)、午後1時より東京医療福祉専門学校において第20回常陽会総会が開催されました。〜

 梅雨の曇り空の下、例年のように常陽会総会が開催されました。


 事務局長の殿村康一さんの司会進行により、まず初めに副会長大内晃一さんが開会宣言をし、続いて会長の田島康司さんより常陽会の活動の説明、今後の抱負などのご挨拶がありました。


 続いて、渡邊賢二理事長よりご挨拶があり、その中で学校運営における同窓会の重要性、5年後に迎える学校の70周年に際して記念行事を催したいなどのお話がありました。芳野校長は所用のためご欠席されました。


 議事に入るにあたり、議長に殿村康一さんが、就任されました。

 議事は、第1号議案「平成26度活動報告」を学術部長の小池英義さんが報告し、その中で常陽会の会員数が 2,060名で、内訳は卒業生会員 1,813名、学生会員 247名とも報告されました。

 第2号議案「平成26年度決算報告」を会計の西沢由美子さんが、そして第3号議案「平成26年度会計監査報告」を監査の松村天裕さんが報告されました。

 以上3議案について一括審議を行い、承認されました。

 次に、第4号議案「平成27年度活動計画案」を文化部長の橋元壮太さんが説明され、承認されました。

 続いて第5号議案「平成27年度予算案」を会計の西沢由美子さんが説明され、原案の通り承認されました。

 最後に功労者の表彰として、佐々木前会長、田上前副会長、北川前副会長、澤畑前理事、鈴木前監査の5人に対し会則に基づき慰労金を支払うことが承認されました。この議事の中で、出席者の方から常陽会の名前が残る形でのものをとの提案があり、理事会で検討することとなりました。

 以上で議事を終了し、大内晃一さんの閉会宣言で閉会しました。

 終了後の雑談の中で古参の出席者の方から少し楽しい総会に出来ないかしらとのお話もありました。


 第2部として午後2時より学術講習会が開催されました。


 今回は東京医療福祉専門学校講師の佐々木公一先生をお迎えし、「あ・マ・指以外の手技療法 〜オステオパシーを中心に〜」と題して講演が行われました。会場が満席になるほどの多数の会員が出席され、佐々木先生の独特の話術での講義を拝聴し、実技を拝見し、また会員が2人一組で手技を体験するなど有意義な講習会でした。

以上

第19回常陽会総会


〜平成26年6月29日(日)、午後1時より東京医療福祉専門学校において第19回常陽会総会が開催されました。〜

 梅雨の雨上がりの中、例年のように常陽会総会が開催されました。

 事務局長の殿村康一さんの司会進行により、まず初めに欠席の副会長田上博政さんの代わりに殿村康一さんが開会宣言をし、続いて会長の佐々木勇さんより常陽会の現状、関係各位に対する感謝の言葉などご挨拶がありました。


 続いて、初めてご出席戴いた渡邊理事長よりご挨拶があり、その中で理事長に就任された経緯や学校運営における同窓会の重要性などのお話がありました。芳野校長は所用のためご欠席されました。

 議事に入るにあたり、議長に平成19年本科卒業の吉田和大さんが、就任されました。

 議事は、第1号議案「平成25度活動報告」を学術部長の小池英義さんが報告し、その中で常陽会の会員数が 2,097名で、内訳は卒業生会員 1,880名、学生会員 217 名とも報告されました。

 第2号議案「平成25年度決算報告」を会計の西沢由美子さんが、そして第3号議案「平成25年度会計監査報告」を監査の松村天裕さんが報告されました。

 以上3議案について一括審議を行い、承認されました。

 次に第4号議案「役員改選」に移り、佐々木勇さんの会長退任、田上博政さんと北川洋三さんの副会長退任及び鈴木千春さんの監査退任に伴い、理事会より「会長として田島庸司さん、副会長として山本英治さんと大内晃一さん、監査として吉田和大さん」の提案があり承認されました。

 新会長の田島庸司さんより「卒業生と在校生の交流をいかに図るか考えてゆきたい、又、学校と常陽会の発展に尽くしたい。」とのご挨拶がありました。



 次に、第5号議案「平成26年度活動計画案」を新文化部長の橋元壮太さんが説明され、承認されました。

 続いて第6号議案「平成26年度予算案」を会計の西沢由美子さんが説明され、原案の通り承認されました。

 以上で議事を終了し、殿村康一さんの閉会宣言で閉会しました。

 議事は速やかに進行しましたが、出席の会員の方々からは質問が無く、やや物足りない感じもありました。





 第2部として午後2時より学術講習会が開催されました。

 今回は東京医療福祉専門学校教員の松村天裕先生を講師にお迎えし、「PNFについて〜基礎と適応」と題して講演が行われました。会場が満席になるほどの多数の会員の出席が得られ、議題に対する関心の高さがうかがえた有意義な講習会でした。


第18回常陽会総会


〜平成25年6月30日(日)、午後1時より東京医療福祉専門学校において第18回常陽会総会が開催されました〜


 梅雨入りとは思えぬさわやかな日差しの中、例年のように常陽会総会が開催されました。事務局長の殿村康一さんの司会進行により、まず初めに副会長の田上博政さんが開会宣言をし、続いて会長の佐々木勇さんより常陽会の現状、今後の抱負、関係各位に対する感謝の言葉などご挨拶がありました。

 残念ながら、渡邊理事長と芳野校長は所用のため欠席されました。議事に入るにあたり、議長に平成11年本科卒業の大内晃一さんが、そして副議長に平成19年本科卒業の吉田和大さんが就任されました。

 議事は、第1号議案「平成24度活動報告」を学術部長の小池英義さんが報告し、その中で常陽会の会員数が1,961名で、内訳は卒業生会員1,742名、学生会員219名とも報告されました。

 第2号議案「平成24年度決算報告」を会計の西沢由美子さんが、そして第3号議案「平成24年度会計監査報告」を監査の鈴木千春さんが報告されました。

 以上3議案について一括審議を行い、承認されました。


 次に、第4号議案「平成25年度活動計画案」を文化部長の田島庸司さんが説明し、承認されました。

 続いて第5号議案「平成25年度予算案」を会計の西沢由美子さんが説明し、原案の通り承認されました。以上で議事を終了し、副会長の田上博政さんの閉会宣言で閉会しました。議事は速やかに進行しましたが、出席の会員の方々からは質問が無く、やや物足りない感じもありました。

 第2部として午後2時より学術講習会が開催されました。今回は広田内科クリニック/在宅医療マッサージ太陽堂の嵯峨野都先生を講師にお迎えし、「むくみ」の鑑別と対処法・リンパドレナージと圧迫法とは?」と題して講演が行われました。会場が満席になるほどの多数の会員の出席が得られ、質問も多く、議題に対する関心の高さがうかがえた有意義な講習会でした。